自家焙煎珈琲 まんそう

1981年創業のコーヒー専門店

コーヒー好きな人には、たまらない味。コーヒーが苦手な人も、好きになれる。そんなコーヒーの専門店をご紹介しましょう。それは、通販ショップの自家焙煎珈琲 まんそうです。

昭和56年、つまり1981年創業のコーヒー専門店、自家焙煎珈琲 まんそう。通販ショップもあるので、お店の近くじゃない方でも、気軽に買うことができますよ。

自家焙煎って、本格的なコーヒー店等の代名詞のようにも感じませんか?

食品に賞味期限があるように、コーヒーにも品質期限があります。それを過ぎると腐ってしまうのではなく、美味しく飲食出来る期間を指します。その賞味期限、コーヒーの生豆の場合は、大体2年とされています。しかし、焙煎すると、3日以内で飲まないと、香りや味が落ちちゃうんですって。

直火で、じっくり生豆をからいり(乾煎り)すること。これが、焙煎です。香り、甘み、コク等、豆の良さを引き出します。からいりは、コーヒー以外の食品にも用いられ、英語でローストといいます。

コーヒーが苦手という人の中には、あの苦味がダメという人もいるでしょう。しかし、コーヒーって、深みや苦みがいいって人もいますよね。たぶん、その「苦み」には、違いがあるのです。

美味しくないコーヒーは、豆自体の味がダメなこともありますが、焙煎方法がよくないこと、あるいは、焙煎から3日以上の時間がたっていることも要因なんですって。だから、自家焙煎珈琲 まんそうは、自家焙煎にこだわりました。本当に美味しいコーヒーが味わえるお店なんですって。

店主の方、実は、もともとコーヒーが好きではなかったそうです。でも、ある喫茶店のコーヒーを飲んで、大好きになったとか。雑誌やテレビなどで、コーヒーを美味しく入れる方法が紹介されていたりします。量を多くしたり、お湯の量を調節したり、入れ方を工夫したり。でも、美味しい時に飲まなければ、どうやっても美味しくないのです。

どんな方も美味しく、楽しくコーヒータイムを過ごせるように、豆、焙煎、配合にこだわり、価格もリーズナブルにしたのだそうですよ。

通販ショップの自家焙煎珈琲 まんそう。お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です