やまやの食卓

http://www.shokutu.com/

ご飯のお供って、ありますよね。貴方は、何が一番好きですか?たとえば、めんたいこ。美味しいですよね。いつも食べているものよりも、もっと美味しくて上質なものが食べたい。

そう思ったら、こちらのお店はいかがでしょう?やまやの食卓です。めんたいこをはじめとし、九州の名産を沢山販売している通販ショップです。辛子明太子。

今でこそ、全国各地で知られ、多くの人が食べているものですが、歴史は意外と浅いとか。もともとは、朝鮮半島にある、明太子のキムチ漬けがルーツだとされています。朝鮮半島で作られたのも、1800年代とか。それが1900年代初頭になり、とっても近い場所にある山口県に輸入され、日本に入ってきたのだそうです。

朝鮮半島から輸入されたものは、まぶし型とよばれる、調味料をまぶすタイプ。いわゆる、朝鮮半島の伝統の漬物の、明太子版なのでしょうか。それが福岡に普及してきたときに、さらにトウガラシの液に「二次漬け」するようになったとか。

これが、今の辛子明太子の製法でもあるそうですよ。日本人が食べるようになった当時も、庶民というより、むしろ漁師メシだったそう。それが、鉄道や陸路の交通網が普及し、物産展などでも知られるようになり、今のように、全国各地の方が好む食品になったそう。ルーツや製法も諸説あり、明太子の有名店も、福岡周辺に沢山あります。

やまやの食卓の創業は、1974年、昭和49年のこと。山本夫妻が、自宅の台所で作ったものが、人気商品になりました。日本料理の基本である、昆布やお酒などの「定番素材」を使い、じっくり丁寧に熟成させます。なんと168時間。家庭の味、日本の素材を使うからこそ、日本人好みの美味しい味に仕上がるというわけ。

貴方も、食べてみませんか?やまやの食卓の明太子は、福岡県のお店、もしくは通販ショップで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です